ホット・スルーにもサッカーにバスケ、野球にラグビー、バレーに陸上など、部活に励む学生の皆さんが訪れます。

なかでも多いのが、膝(ひざ)の痛み。

跳んだり、蹴ったり、走ったり、練習量が増えてくると膝に生じる痛み。

 

病院で検査するものの、靭帯や半月板には異常がなく先生からは「ちょっとの間、練習休んどき~。」

確かに練習を休んでると痛みもましになり、練習再開。でも、練習量が増えてくるとまた痛み出す。そんなことを繰り返しているケースがよくあります。

 

『練習量が増えてくると痛み出す』ということは、運動の強度にカラダがついていけてないからだ。膝周辺の筋力を強くして関節を安定させる必要がある。

というわけで、膝周辺の筋トレ開始!スクワットやランジを15回3セット!となるわけですが、ここでチェックポイントです。

ニーイントゥーアウトになってませんか?

スクワットやランジをするときに、つま先が外、膝が内になっていってませんか?片脚でスクワットすると評価しやすいはずです。

ニーイントゥーアウトになっている方は、

足首、膝、股関節の軸を整えること(動作の質)を意識してスクワットやランジを行いましょう。

ニーイントゥーアウト(動きの癖)は、膝の故障の原因になります。

せっかくのトレーニングが悪影響になることも考えられます。ご注意ください!

アイシングやストレッチもお忘れなく(^^)

LINEで送る
Pocket