最近、内科や整形外科等で西洋薬と漢方薬を処方する病院が増えていますね。

当院では体質改善の為、全身鍼コースを設けていますが、漢方薬の服用と併行されている方も多くいらっしゃいます。

ただ、病院で処方されていても説明が十分でないのか、よく質問を受けることがあります。

医師・薬剤師とよく相談し、不安の無い状態で服用しはじめるのが基本ですが、なかなかそうはいかないのが病院というところ。

そこで、簡単なことだけ書き出しておきますので、これで納得!もしくは担当医師に質問するポイントとして参考になれば幸いです。

ここでは一般的に手に入りやすいエキス顆粒を服用すると考えて書いてあります。

(私が調剤薬局に勤めていた時代の資料などを参考にしています)

漢方1

①食前に服用と指示される漢方薬が多いのはなぜ?

通常、食前か食間に服用とされています。これは胃液の分泌による影響で、pHが低い空腹時の方が吸収が早いと考えられる為です。

ただ、食前や空腹時に服用しづらい時は食後の服用でも良いとされます。

 

②空腹時に飲むと気持ち悪くなるんですが。

食前の服用でお腹が張ったりする場合は、(エキス顆粒はお湯に溶いて)お茶代わりに分けて服用しても。

また、八味地黄丸や牛車腎気丸、白虎加人参湯、麻黄附子細辛湯などは特に、食前・食間の服用で胃膨満感や食欲不振・悪心をおこされる方が多い漢方薬です。こういった場合、食後の服用に変えられただけで解決することが多くあります。薬が合わない、と諦めず服用のタイミングを変えてみましょう。

 

③普通に水で飲んだら良いのしょうか?

漢方薬は香りも作用の一部といわれています。

エキス顆粒剤の場合、できれば100cc程度のお湯で溶いて服用するのをお勧めします。熱湯ではなく微温湯でよく、水にエキス顆粒を入れ電子レンジで1~2分チンして暖めても。3分ほどでの成分変化はありません。

ただし、においがどうしてもダメな場合や吐き気がある場合は冷水で服用しましょう。

(二日酔いや吐き気止めの時の五苓散は冷水での服用)

 

④お医者さんから処方された他の薬と一緒に服用しても良い?

漢方薬の成分の中には、腸内細菌の作用が薬理効果に大きな影響を持つものがあります。そのため腸内細菌を死滅させる抗生物質の服用する時は効果が薄れたり、現れにくい場合がります。

(漢方薬の効果に個人差があるのは持っている腸内細菌がそれぞれ違う為です。)

また、ステロイド剤の有効性を増強させるもの(小柴胡湯、柴朴湯、柴苓湯)などもあります。

明らかな禁忌としては、

小柴胡湯・・・インターフェロン製剤を投与中の患者や、肝硬変・慢性肝炎・肝癌患者

甘草を2.5g/DAY以上含有する製剤・・・アルドステロン症患者。ミオパシー患者。低カリウム血症患者

があります。

西洋薬を処方する医師と漢方薬の処方する医師が別の場合は必ず、それぞれの担当医師にご相談しておくことが大事です。同じ医師でも確認しておくのが安心です。

 

⑤漢方は身体に優しいから誰でも飲めるって聞いたけど・・

漢方薬は赤ちゃんから老人まで幅広く服用できる薬ではありますが、どの漢方薬でもOKというわけではありません。

④で書いた禁忌の場合だけでなく、特に妊娠・授乳中の方には注意する漢方は多くあります。

もちろん反対に妊産婦さんに処方される漢方も多くありますので、医師・薬剤師に相談し、安心して服用できるようにしましょう。

 

⑥子供に飲ませる量は?または、飲ませたいけど飲んでくれないんですが・・

小児の場合の服用量は

15歳未満7歳以上・・・成人量の3分の2

7歳未満4歳以上・・・成人量の2分の1

4歳未満2歳以上・・・成人量の3分の1

2歳未満・・・成人量の4分の1以下

体重換算・・・0.1~0.2g/Kg

とされています。

乳幼児に服用させる場合・・・スプーンでゆっくり流し込む。また、少量の水で練り指先で子供の上顎の内側に塗り、水と一緒に飲み込ませる

小児には、砂糖や蜂蜜を加える。ココアやゼリー、シャーベットなどに混ぜる

などが提案されています。

漢方ハーブティ

漢方薬のことは書き出すと止まらなくなります(笑)

簡単な質問という題名ですのでここらへんで。

また機会と、患者さまの興味があれば書きたいと思います。

*南野でした*

LINEで送る
Pocket